ラドローグレープハンドルバック作りました

今回の手芸部はラドローのグレープハンドルバックを作る!でした

本物に限りなく近イサイズで賛成させるために

帆布を購入してトートバックを作ることから始めました

3人3通りのカラーバリエーションです

グレーと紺バージョン

s__18178054

濃紺と紺の組み合わせ

s__18178057

そして、私のうちに残っていたデニムに接着芯をはって作りました。帆布に比べるとソフトな風合いです

s__18440230

こちらをグレープハンドルにします

今回は記しつける人、アイロンかける人、ミシン担当と作業ごとに分けて効率よく進めていきました。

これを一人でやろうとすると結構大変だったかもしれませんね

シルクを使えば本物のようになるのでしょうが、CPも考えて東レの裏地を使いました。最後のグレープハンド部分は手縫いです。バックまで皆で作って持ち手は各自持ち帰りました

そして、完成品です ほかの2人はまだできていないようですので仕上がりましたら写真UP予定です

s__18178106

想像通り、いいえ、それ以上に満足しています なによりも大きさがいい!

元々、口の大きいトートバックが大好きなのでこれは重宝しそうです

出来上がり済みのバックにこのグレープハンドルを付けるだけでもかわいくなると思いますが、お裁縫できる人はバックから手作りされるのをオススメします

本体の帆布は11号

色の種類も多いのでこちらを利用すると便利です


持ち手は8号で作りました

ミシンは26年選手のブラザーの刺繍ミシンです

これ、壊れてもおかしくないほどハードに使われていますが、まだまだ現役で頑張ってくれています。

針と糸を厚地用に変えて縫いました